So-net無料ブログ作成

お料理教室 (~カジュアルフレンチ料理~) [料理のお皿]

11月のお料理会、遅くなりましたがその模様をお伝えします[るんるん]

IMG_1954.JPG

今秋、お料理の先生と2人でフランスへ旅しました[飛行機]

テーブルクロスは、訪れたサンテミリオンの街で購入したもの[exclamation×2]

ちょっと時期を過ぎたいちじく模様ですが、色合いがこの季節にピッタリです。

IMG_1956.JPG

お花は、クリスマスを先取りしてポインセチアを飾りました[かわいい]

クロスの色合いともばっちりです。

IMG_1962.JPG

テーマは、『フランス思い出料理第2段 カジュアルフレンチ』ということでメニューを立てました[レストラン]

それでは、お料理を。。。

IMG_1963.JPG

「根セロリのスープ かぼちゃのピュレ添え」

根セロリは少しの水分でのばしただけで、ほぼピュレ状です。

とっても濃厚[exclamation]セロリの香りも強すぎず、程よく残って風味良いスープです。

IMG_1965.JPG

「サラダランデーズ」

砂肝のコンフィが入ったサラダです。

ボルドーで滞在したときにいただいたサラダで、砂肝のコンフィが重要なんです[ひらめき]

IMG_1968.JPG

フランスでは、調理味付けされた缶詰が売られていますが、日本には馴染み薄く。。。

お料理の先生が、その味を再現して下さいました[ぴかぴか(新しい)]

IMG_1966.JPG

「ハーブチキンのグリル」

フランスのスーパーで売られている調味料に漬け込み、グリルしたものです。

日本で言う、「クックドゥ」みたいなシリーズの調味料。

お料理というほどのものではありませんが[あせあせ(飛び散る汗)]

でも、美味しいんですよ[ハートたち(複数ハート)]

IMG_1970.JPG

「帆立と森の茸のクリーム煮のヴァロヴァン」

パイポットにクリーム煮を盛りつけたお料理で、こちらもボルドーで習った一品。

今回は余裕がなく既製のパイ生地を使いましたが、次回はパイ生地から作ってみたいと思います[ひらめき]

クリーム煮には、乾燥セップ茸も入っており香りと風味が一段と増して美味でした[黒ハート]

IMG_1973.JPG

「ハムステーキ 紅玉の赤ワイン煮ソース添え」

こちらは、お料理の先生の思い出の一品だとか[ひらめき]

信州産ハムをソテーし、マッシュポテトと赤ワインで煮込んだ紅玉とそのソースを添えていただきます。

やはり、豚とりんごの相性の良さを再確認です[るんるん]

IMG_1974.JPG

「洋梨の赤ワインコンポート」

お口直しに一人1個、いただきました[ハートたち(複数ハート)]

さて、ここからデザートタイムです[喫茶店]

IMG_1979.JPG

「紅玉のパンケーキ」

フライパンに生地を流し焼いた、素朴なケーキ。

絵本の中から飛び出したようなお菓子です[かわいい]

IMG_1983.JPG

「タタン風焼き姫リンゴ」

姫リンゴを焼きリンゴにしました[ひらめき]

タルト生地のクッキーを敷いて、タルトタタン風に仕上げてみました[ハートたち(複数ハート)]

IMG_1978.JPG

「キャラメルナッツのタルト」

今月は母のバースデー[バースデー]

胡桃好きの母のリクエストに応じ、作りました[るんるん]

本当にこのお菓子が好きみたいで、とっても喜んでくれました。

IMG_1980.JPG

今回も盛沢山のお料理とお菓子を堪能しました[るんるん]

来月はクリスマス会。。。

楽しみです[黒ハート]

IMG_1958.JPG


タグ:料理教室

IMG_2109.JPG

《ファンファン キッチン&サロン》

~お料理教室のご案内~

2016年6月12日(日)11:00~ 『長夏のイタリアンな養生薬膳』

詳細は、こちらをご覧ください。。。 http://studiofunfun.konjiki.jp/kitchensalon1.html

メッセージを送る